株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2020年08月19日
不動産の豆知識

近隣との境界に関するトラブル

当社では、「土地」「中古戸建」「古家付き土地」などの取引については、土地測量のプロである有資格者による、境界復元と丈量図作成を行ない、トラブル防止に努めています。

私は、前職の不動産会社に勤務していた時に、トラブルを未然に防止する為に、原因や背景を調べていた事がありました。実は、この近隣との境界トラブルと、下記でご紹介するライフラインが、不動産取引のクレームの大半を占めていたのです。

ライフラインに関するトラブル

建物が欠陥物件だったという場合、それを立て壊して更地にした上で売却すれば、契約不適合個所は解消されるのでしょうか?

建物を壊すことで問題が解決するなら責任は問われませんが、欠陥の規模が大きければ更地にしたあとも報告責任を問われることがあります。また、建物取り壊し中に判明した地中内の旧家屋基礎や、地中埋設物にも注意が必要です。

例えば、物件の柱のグラつきなどは立て壊せば解決できますが、ガス管・上水道引込・下水のライフラインに問題があれば、そこに新築住宅を建築する場合、大掛かりな工事が必要となります。この際には費用も大きくなりトラブル原因としては、境界標に次ぐ、大きなものとなりえます。

更地化後も契約不適合責任が問われる事も、十分考えられますので、土地取引についての注意点2ポイント、「境界」「ライフライン」については、特に要注意点であるといえます。

と、取引上の注意点を簡単に説明いたしました。「こんなことも」「あんなことも」聞きたいという方は、matrixが行っている無料相談をぜひ活用してみてくださいませ!

この記事を書いた人
田中 謙介 タナカケンスケ
田中 謙介
私はこれまでの不動産取引において「正直さ」を武器に、業務を続けてまいりました。ご来店して下さったお客様に喜んで頂きたい。これは、きっと私の性分なんだと思います。不動産流通と言う仕事は、デパートや、ショッピングモールの様に、音響で商品を伝える事はできません。また、場所が動く事もありません。「静かで熱い」「ここにしかない」まさに世界で一つの買い物です。 私達、不動産業者が、不動産に込めた所有者様の想い、形を、購入される方へ正直に伝えることで売主様と買主様の意向に沿える事ができ、そして、取引の関係者皆様に喜んで頂ける様に最善を尽くすのが、不動産業に携わる者の責務です。日々、自問自答しながら、最高の物件に出会って頂ける事だけを考えています。
arrow_upward