株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2021年02月16日
ブログ

藤原宮跡(ふじわらきゅうせき)へ

皆様こんにちは。

奈良県橿原市葛本町にあります不動産情報会社
(株)matrix『 カ)マトリックス 』の髙木です。

 

昨日の、強い風をともなった雨は上がりましたが、

今日は、まだ強風が残っています・・・

 

先日、良いお天気だったので  藤原宮跡へ行ってきました 

広大な規模の跡地に、家族連れやグループで

散策・野球の練習・バドミントン・サッカー・シャボン玉等

皆さん、それぞれ楽しんでいました。╰(*°▽°*)╯

中でも、いいな!と思ったのが、幼児が自転車の練習に挑戦!

車は来ないし、広くて草原になっているのでズッコケても大丈夫

 

私も運動不足解消に散歩しました。

 

藤原宮跡は、奈良県橿原市高殿町・醍醐町にあります。

 『藤原宮跡についてのご案内』 

 

藤原京跡は、中国の都城にならい、日本で初めて建設された本格的都城

持統8年(694年)に創都された藤原京の中心部の跡

平城京遷都までの16年間、この地で持統、文武、元明の天皇三代(694~710年)

が律令国家体制を強力に押し進めた

 

現在、広大な宮跡は 特別史跡 に指定。

東西5.3km、南北4.8kmで、その中心部には藤原宮があった。

現在、宮跡には原野が広がり、天皇の住まいである内裏や、

天皇が儀式や政治を行った大極殿跡には基壇が残る

最近の調査研究によると、

平城京や平安京を上回る規模だったとも考えられている

 

 

宮跡を囲む名勝の 大和三山 は、

天智天皇や持統天皇などが万葉歌に詠んだことでも知られている。

 

“春すぎて 夏来たるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山”

 持統天皇の歌はここで詠まれた

 

宮跡からは

   東に天香具山、

   西に畝傍山、

   北に耳成山を望める

 

藤原宮跡の近くにある橿原市藤原京資料室には
 
 
藤原京の1,000分の1模型

藤原宮跡地から出土した柱や瓦といった出土品などが展示している。


資料室を 訪れた人限定 で、

宮跡を彩る「季節の花」や

藤原宮跡から出土した「軒丸瓦」が

デザインされたしおりを4種類作って、配布している。

ぜひ立ち寄っておきたい資料室です。
 
また、橿原市藤原京資料室には、展望室がある。

展望室からは、朝堂院跡や大和三山の一つである天香具山などを

一望することがでる。

晴れた日に眺める景色は良いと評判なので、ぜひチェックしてみてください。

 

また、 四季の花も見どころ 

 :桜・菜の花(4月上旬~4月中旬)

 :ハス・キバナコスモス(7月下旬~8月中旬)

 :コスモス(10月上旬~10月下旬) と美しい花々で彩られる。

  アクセス 

◆車

 西名阪道の郡山インターから旧R24号を南へ約10km、

 葛本町交差点を左折、約350mで葛本町東交差点を右折、

 2kmで縄手町交差点を左折、300mで右側に駐車場

 駐車場あり(無料藤原京資料室前、ハスゾーン南側など


◆電車

 ●JR畝傍駅から徒歩約30分


 ●近鉄耳成駅または、畝傍御陵前駅から徒歩約30分

◆バス

 近鉄大和八木駅から昆虫館行バスで19分(橿原市コミュニティバス利用)

 橿原市藤原京資料室前から徒歩で2分

 

 

季節の花を眺めながらの散策にいかがでしょうか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 matrix  髙木
〒634-0007
奈良県橿原市葛本町224番地の2

TEL:0744-48-5388
FAX:0744-48-5212
mail:matrix-r@outlook.jp
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
髙木 雅子 タカギ マサコ
髙木 雅子
ホームページ・物件情報の更新担当をしています。髙木です。皆様の小さな疑問にも対応できるように心掛けて参ります。どうぞ宜しくお願い致します。
arrow_upward