株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2021年02月11日
ブログ

贅沢な景色や『伝説』とサイクリング

皆さん、こんにちは!株式会社matrix『カ)マトリックス』の田中です。

今回は、当社の事務所から、自転車を使用して、雷丘(イカズチノオカ)経由にて、甘樫丘(アマカシノオカ)から望む、橿原市の絶景を、皆さんにお届けしてみます!その前に、地域に残る『伝説』について、少しご紹介いたしますね!

―雷を呼んでこられるか―

今から、約1500年前、雄略天皇が臣下に命じて雷神を捕まえたものの、恐ろしくなって解放した場所として雷丘(イカズチノオカ)が、日本書紀に記されているそうです。

奈良県明日香村の雷丘(いかずちのおか)では、上記の伝承とほぼ同時期の5世紀後半の円筒埴輪(はにわ)片などが見つかり、平安時代の説話集・日本霊異記に「雷神を捕まえた臣下が数年後に亡くなり、雷丘に葬った」との記述があります。

これが、雷神伝説となり現代まで受け継がれているのです。

雷丘は、蘇我入鹿邸とみられる建物跡が見つかった甘樫丘(あまかしのおか)から、北へ約400メートルにある高さ約20メートルくらいの丘で、その周辺には、雷にちなんだ、橋や、交差点等が点在しています。

雷(かみなり)と書いて、『雷(ikazuchi)』と読むんだと、初めて知った時、神々しいものを感じずにはいられませんでした。(((o(*゚▽゚*)o)))

新元号「令和」と「万葉集」

菅内閣総理大臣(当時は菅官房長官)が、平成に代わる新しい元号を「令和(れいわ)」と発表したのは、皆さんの記憶に新しい事と思います。

奈良県をサイクリングしていると、歴史や、万葉集等、いろいろなものにちなんだ、地名や、看板、商店名まで目に飛び込んできます!少し令和と、万葉集の関係を掘り下げてみますね!

「令和」の出典は「万葉集」の梅花の歌、三十二首の序文「時あたかも新春の好き月(よきつき)、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている」からはじまる、「万葉集」の梅花の歌から、中西進さんにより「令和」が考案され、厳かにも、その新たなる歴史がスタートしたと記憶しています。

また、「平成」までの247の元号すべてが中国の古典を典拠としているとされていましたが、日本の古典から引用されたのは初めてで、当時TVで、話題を集めましたよね。。。

甘樫丘展望台到着です!

橿原市新ノ口町に、当社の事務所があるのですが、自転車で片道約6.5㎞で甘樫丘展望台に到着となりました!

甘樫丘には、古くは日本書紀の中にも、その記述があり7世紀前期には、当時の有力者であった、蘇我蝦夷(そがのえみし)、入鹿(いるか)親子が、大邸宅を構えていた場所とも言われてるそうです。

眼下には、藤原京大和三山・遠くに生駒山二条山葛城山・の山並みを一望できる、超贅沢な景色を見て、大邸宅に住んでたんですね!さすが藤原氏ですね!

私達の、日頃の業務は、不動産を売却される方の様々な相談を受けていて、それはそれで、非常に楽しく仕事をさせてもらいつつ、時間がある時には自転車に乗って、大和国原の美しい景色を望んでいると、それは質素で、華やかさはありませんが、超贅沢な日々なんだと思います!やっぱ健康第一ですね!(((o(*゚▽゚*)o)))


不動産売却で、販売長期化や、販売に困った時は、株式会社matrix『カ)マトリックス』の田中に、ご一報くださいませ。

他社で、媒介中の方は、その不動産会社経由でご連絡いただけましたらたすかります。

◎道が無く、単独にて再建築が出来ない物件もお任せください。

◎事故物件・訳あり物件でも引き受け可能です!

◎ゴミ屋敷・傾き物件・白蟻・雨漏り・引き受け可能です!

株式会社matrix『カ)マトリックス』が、直接買い受けさせて頂きますので、ご安心くださいませ。ご連絡お待ちしています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 matrix 田中 謙介
〒634-0007
奈良県橿原市葛本町224番地の2
TEL:0744-48-5388
FAX:0744-48-5212
mail:matrix-r@outlook.jp
携帯:090-8145-2555
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
田中 謙介 タナカケンスケ
田中 謙介
私はこれまでの不動産取引において「正直さ」を武器に、業務を続けてまいりました。ご来店して下さったお客様に喜んで頂きたい。これは、きっと私の性分なんだと思います。不動産流通と言う仕事は、デパートや、ショッピングモールの様に、音響で商品を伝える事はできません。また、場所が動く事もありません。「静かで熱い」「ここにしかない」まさに世界で一つの買い物です。 私達、不動産業者が、不動産に込めた所有者様の想い、形を、購入される方へ正直に伝えることで売主様と買主様の意向に沿える事ができ、そして、取引の関係者皆様に喜んで頂ける様に最善を尽くすのが、不動産業に携わる者の責務です。日々、自問自答しながら、最高の物件に出会って頂ける事だけを考えています。
arrow_upward