株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2020年11月01日
ブログ

旧奈良監獄ホテル

こんにちは!matrixの田中です。皆さんコロナ過の中、いかがおすごしでしょうか?

今回、ご紹介させて頂くのは、コロナウィルスが全世界に蔓延する前に計画されていたのですが、実際に使用されていた「奈良少年刑務所」がホテルに変身するというお話です。

2017年に刑務所としての役目を終えた重要文化財の建物、旧奈良監獄「奈良少年刑務所」をご存じでしょうか。

旧奈良監獄は、奈良市の有名観光地エリアのすぐそばにたたずむ赤レンガの美しい建築物です。写真でも、いろいろなカットでご紹介しますね。

明治時代のおもむきを現在に伝える貴重な旧奈良監獄は、2021年にリニューアルされ「監獄ホテル」として操業が開始される予定となっています。

経緯は、こんな感じです。

2017年5月、監獄ホテル、レストランなどに活用する方向で優先交渉決定
2019年3月、監獄ホテルの運営者が星野リゾートに変更になりました。

勇壮で非常に美しい建物なんですよ!

旧奈良監獄は、明治41年・1908年に作られたレンガづくりの歴史ある監獄です。明治といえば、江戸幕府がほろびて西洋の風が一気に入り込んできた時代です。

そんな時代に、芸術的で先進的な監獄が作られたのには、とても深い理由がありました。

1858年に日本とアメリカ合衆国の間で結ばれた、日本最初の通商条約「日米修好通商条約」いわゆる不平等条約を撤廃するため、明治政府は国の威信をかけてさまざまな改革に乗り出します。そのうちの一つが近代的な監獄の整備でした。

当時、監獄のあり方は、その国の司法制度や人権感覚の指標とされていました。先進的な制度や感覚を持っていることを証明すべく、明治政府は旧奈良監獄をはじめとする明治五大監獄を整備したようです。

日本という国の、威信をかけた建築物というわけです。先日、私も写真に収めるべく朝早くに、現地に行ったのですが、カメラマンが数人いたぐらい人気なんですよ!

正門は、東向きですので、写真に収めるのは午前中がおススメですよ!物件の写真を撮影する時と同じですね( ´∀` )

同一官房と言って、左右対称なんだそうです!

少年刑務所とはいうものの、実際の収容者は25歳くらいまでの20代が多かったようです。また、地元民から愛されていたのも事実です。

不動産取引においては、刑務所は通常は「迷惑施設」「嫌悪施設」として、疎まれるものです。しかし、旧奈良監獄・奈良少年刑務所は、周囲の住民から嫌われることはありませんでした。

そのため市街地の近くにあるにも関わらず、長きにわたって移転することなく刑務所としてのつとめを果たし続けてこられたのです。

しかも、ホテルとしてのリニューアルが決まったのも、周辺の人々から愛されていたからだといってもいいでしょうね。

この窓から、刑期中の受刑者が、どんな気持ちで過ごしていたのでしょうか(;゚Д゚)

記事によると、職業訓練として、板金科、溶接科、配管科、クリーニング科、機械科、電気工事科、建築科、工芸科、ホームヘルパー科、印刷科、左官科、理容科、短期理容科、情報処理科、農業園芸科、ビルハウスクリーニング科の総合訓練を実施していたようです。

また、受刑者が働き、一般の人が利用できる理髪店「若草理容室」(2016年8月31日閉店)があったことでも有名です。

でも、部屋に帰って、この窓から何を思っていたのか考えると、微妙ですね(^▽^;)

とはいうもの、興味がほとんどですが、是非、泊まってみたいものです。私も、奈良県民ですので、コロナ過で「旧奈良監獄ホテル」の計画が、とん挫しないように願ってる地元住民の一人です。

星野リゾートさん、よろしくお願い致します!!今回のお話は「監獄ホテル」でした。

私達、不動産業界でも「法令順守」が徹底されています。

私達matrixでは、何でも正直にお客様に報告することを信念を持って取り組みしています。先にも触ましたが法令順守にて、『ご売却』『ご購入』のサポートをさせて頂きますね!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 matrix 田中 謙介
〒634-0007
奈良県橿原市葛本町224番地の2
TEL:0744-48-5388
FAX:0744-48-5212
mail:matrix-r@outlook.jp
携帯:090-8145-2555
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
田中 謙介 タナカケンスケ
田中 謙介
私はこれまでの不動産取引において「正直さ」を武器に、業務を続けてまいりました。ご来店して下さったお客様に喜んで頂きたい。これは、きっと私の性分なんだと思います。不動産流通と言う仕事は、デパートや、ショッピングモールの様に、音響で商品を伝える事はできません。また、場所が動く事もありません。「静かで熱い」「ここにしかない」まさに世界で一つの買い物です。 私達、不動産業者が、不動産に込めた所有者様の想い、形を、購入される方へ正直に伝えることで売主様と買主様の意向に沿える事ができ、そして、取引の関係者皆様に喜んで頂ける様に最善を尽くすのが、不動産業に携わる者の責務です。日々、自問自答しながら、最高の物件に出会って頂ける事だけを考えています。
arrow_upward