株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2020年09月23日
不動産の豆知識

地中埋設物・地中障害物

皆さん、こんにちは!matrixの田中です。今回は土地取引の落とし穴、地中残存物、地中埋設物のお話です。

よく、「古家付き土地」って聞かれたり、見られたりしたことありますよね。

そうなんです。その、古家付き土地を購入して、解体工事をして、やっとの思いで新築の家が建つと思って建築がスタートするその時に、解体工事会社から電話がかかってきて、「現地を見に来てください」と言われれば、まず、写真の様に地中からコンクリートガラや、旧家屋の基礎や、巨大工場の地盤改良跡、ときには自転車・冷蔵庫まで出てくる事があります。

慌てふためきますよね!もう頭の中真っ白!

契約時の細かい字で書かれている、売主の契約不適合条項にある内容が重要になってきます。

売主が宅建業者の場合は、買主が、売主に対し、引渡完了日から2年以内に契約不適合の旨の通知をしないときは、売主は、買主に対し、責任は負いません。と書かれています。

ここで、重要なのは引渡しから2年以内は、責任を負いますが、2年を超過した場合は責任を、負いませんという事です。2年も放置しないよ!って声が聞こえてきそうなので、ここらへんに。。でも、2年ですから気を付けてくださいね!

【売主が個人で、契約不適合に関する申し出が、3ヵ月以内の時は要注意です】

第1項:売主は、買主に対し、引渡された土地が品質に関して契約の内容に適合しないもの(以下「契約不適合」といいます。)であるときは、引渡完了日から3ヶ月以内に通知を受けたものにかぎり、契約不適合責任を負います。

売主は、買主に対し、本契約締結時に第1項の契約不適合を知らなくても、本条の責任を負いますが、買主が本契約締結時に第1項の契約不適合を知っていたときは、売主は本条の責任を負いません。

読んでどう思いましたか?買主が知っていたら責任を負わないと書かれています。

※昔は、井戸水を使ってたんだよ!

※ちょっとぐらいコンクリート片があるかもしれないな!

なんて、説明があれば、買っちゃいますよね。。。。

でも、いざ地中埋設物が出てきたら、多額な費用がかかる上に、相当な時間を要して相手方と協議し処理する事になりますよね。せっかくの新築計画が台無しです、しかも、揉めたりするの誰でも嫌ですよね(;・∀・)

また、産業廃棄物や腐敗土や「ノロ」と言って、長年かけて鉄分と油分と改良剤を含んだカチカチのコンクリートの様な、かたまりまで出てきたら、出費は更に高額になります。

トラブルは是が非でも避けたいですよね、物件を急いで購入するよりも、信用のおける「担当者」を選ぶことを、急いだほうが良いのかもしれませんね!

調査が鍵

このような、地中埋設物が埋まっている事は、予測可能なんです。予測される場合は契約不適合の責任期間を延ばす特約があれば「安心」ですよね。

予測可能な範囲としては、歴史もその一つです。また、過去に撮影された航空写真、近隣への確認等さまざまですが、残念ながら日本は、戦時下の空襲や、大火事、大災害に見舞われてきた土地が、数多くあります。過去の航空写真に巨大工場が映っている場合もあります。

そこで、私達は、取引に関わるものとして、不動産調査で得た情報や予測可能な事を、お客様に伝える事こそが、トラブルを未然に防ぐ事になるんです。不動産会社がお客様に「安心」を、届ける鍵が、その調査力なんです!

matrixの田中は、とにかく心配性です(笑) きちんと調べて、自分が安心できるまで調査して、報告させて頂きます。

こんな、matrixの田中に、ご安心して、お問い合わせくださいね!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 matrix 田中 謙介
〒634-0007
奈良県橿原市葛本町224番地の4
TEL:0744-48-5388
FAX:0744-48-5212
mail:matrix-r@outlook.jp
携帯:090-8145-2555
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
田中 謙介 タナカケンスケ
田中 謙介
私はこれまでの不動産取引において「正直さ」を武器に、業務を続けてまいりました。ご来店して下さったお客様に喜んで頂きたい。これは、きっと私の性分なんだと思います。不動産流通と言う仕事は、デパートや、ショッピングモールの様に、音響で商品を伝える事はできません。また、場所が動く事もありません。「静かで熱い」「ここにしかない」まさに世界で一つの買い物です。 私達、不動産業者が、不動産に込めた所有者様の想い、形を、購入される方へ正直に伝えることで売主様と買主様の意向に沿える事ができ、そして、取引の関係者皆様に喜んで頂ける様に最善を尽くすのが、不動産業に携わる者の責務です。日々、自問自答しながら、最高の物件に出会って頂ける事だけを考えています。
arrow_upward