株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2020年09月11日
ブログ

お客様が作っちゃいました!

皆さん、こんにちは!株式会社matrixの田中です。「建築条件付き土地」とはよく聞きますよね!、そうです 建築条件付き土地とは、「建築条件がついた土地」を指します。具体的には、売主(不動産業者・建築業者)が買主様に対して、「指定の建築会社で」「一定の期間内に」「住宅を建築すること」という条件を指定する土地のことです。

主に、人気の地区ですと設定されているところが多く感じます。でも、いざ建築前となると、どんな家が建つのか心配でなりませんよね(;´・ω・)

建築屋さんに任せるも良し!現場監督さながらで見守るも良し!でも・・やはり大工さんに良い家を建ててほしいのは皆一緒ですよね!

この写真は、そんな建築中に図面を見て、お客様ご自身が作成された模型です。屋根も開くんですよ!気持ちわかりますよね。大切な家を、図面だけで「了解」とはならない方も多くいると思います。

熱意・プロセス・施工管理・信頼

建築条件付き土地の、仲介はやはり熱意が必要ですよね。でも、契約したら冷めるでは困ったものです(^▽^;)お客様の要望に応え、より満足を引き出し、理解を深めて頂いてから建築へと進めるプロセスも重要です。ここが楽しかったりもしますよね!

実際の建築は、施工管理に尽きると思います。いろいろな現場を見てきましたが、施工管理が良い現場は、「いい家」が建ってると思います。逆に、施工管理がずさんでは、結果は耐えがたいでしょうね・・・仲介・建築・施工管理の三位一体で、「いい家」が建つと思います。これこそが信頼につながる理由です。

この模型を、見た時、建築主(買主様)の気持ちが、刺さりましたね!この想いを、必ず達成しないと「お客様の顔を見れない」と感じたものです。人を動かすのは、熱い想いなんだと!ここから、私の不動産仲介業がスタートしたかもしれません。

それだけの、重責を担っているからこそ、この仕事って楽しいんです!

不動産の売却・購入・建築なんでも大丈夫です。困った事、分からない事、不安に思う事があれば、matrixの田中に相談して下さい。相談無料です。

この記事を書いた人
田中 謙介 タナカケンスケ
田中 謙介
私はこれまでの不動産取引において「正直さ」を武器に、業務を続けてまいりました。ご来店して下さったお客様に喜んで頂きたい。これは、きっと私の性分なんだと思います。不動産流通と言う仕事は、デパートや、ショッピングモールの様に、音響で商品を伝える事はできません。また、場所が動く事もありません。「静かで熱い」「ここにしかない」まさに世界で一つの買い物です。 私達、不動産業者が、不動産に込めた所有者様の想い、形を、購入される方へ正直に伝えることで売主様と買主様の意向に沿える事ができ、そして、取引の関係者皆様に喜んで頂ける様に最善を尽くすのが、不動産業に携わる者の責務です。日々、自問自答しながら、最高の物件に出会って頂ける事だけを考えています。
arrow_upward