株式会社matrix
AM9:00~PM19:00
水曜日
2021年08月23日
ブログ

水害 洪水に備えて 日頃から出来る事は?

皆様こんにちは。
 
奈良県橿原市葛本町にあります不動産売却に特化した不動産会社
 
(株)マトリックスの髙木です。
 
弊社㈱マトリックスのホームページ、ブログをご覧頂きまして有難うございます。

 

8月は不安定な天候が続き、日照不足と雨続きにより近頃農作物の野菜や果物の価格が高騰しています。

今朝のニュースでは「きゅうり」「茄子」の価格が7月の約3倍に!

との事です!毎日食べたい野菜が高くなると食事のメニューに悩みます(•_•)



近年、日本各地で地球温暖化の影響により異常気象となり、あちらこちらで水害が頻繁に起こっています。

急な局地的大豪雨が梅雨から秋にかけ発生し、浸水被害や土砂災害も年々増加しています。

今年、橿原市周辺ではそれ程甚大な被害はありませんでしたが、自分の住む地域でいつ水害が発生しても不思議ではありません。


では、突然の豪雨や台風による浸水被害・土砂災害には、どのような対策が有効なのでしょうか。

日頃から出来る対策は?

 
水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」

◎被害を抑えるためには事前に危険箇所や避難場所について情報を知る

◎都道府県・市町村が作成したハザードマップを見て、

 避難場所や過去の洪水情報を把握しておく。

 

水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」

 
水災害用の備蓄品をまとめておく(リュックサックに入れる)

〇現金 〇飲料水・お茶 〇薬・救急セット 〇歯磨き用品 

〇タオル 〇着替え 〇懐中電灯(電池) 〇消毒液 

〇ティッシュ・ウェットティッシュ 〇レインコート 〇靴

家族との緊急用連絡手段をあらかじめ決めておきましょう。

困った時に使われるのが「災害用伝言サービス」です。活用しましょう。

 

躊躇せずに早目の行動を

自宅が巻き込まれる可能性がある場合は、

土のう・水のう等で浸水被害を最小に抑えられるよう対策し、

その他必要になりそうな備蓄(ガムテープ・ビニール袋)も揃えて供えましょう。

避難が必要な大水害の場合は早めに情報収集をし、躊躇せずに安全場所へ移動しましょう。

 

㈱マトリックスからのお知らせです


地元地域の皆様へ

常時、不動産の買取り募集をしております。

お客様の不安やお悩み事もご相談させて頂きます。

不動産の売却をご検討の方はお気軽に是非一度ご連絡下さい。


ご連絡先 ⇒ 担当「田中」まで:090-8145-2555

この記事を書いた人
髙木 雅子 タカギ マサコ
髙木 雅子
ホームページ・物件情報の更新担当をしています。髙木です。皆様の小さな疑問にも対応できるように心掛けて参ります。どうぞ宜しくお願い致します。
arrow_upward