株式会社matrix
AM9:00~PM19:00
水曜日
2021年05月18日
ブログ

いつ思わぬ子供の自転車事故が起こりうるかわかりません

お世話になっております。株式会社matrix『カ)マトリックス』の保田です☆彡

 

子供がある程度成長すると、自転車に乗れるようになり小学校に入ると

友達と自転車ででかける事も増え行動範囲も広がります。

 

先日、ママ友から連絡があり

『あなたの娘、自転車で道のど真ん中を暴走してるで』と(・・;)

友達ママは『危ないで!』と後ろから声をかけてくれ近くまで

見守っててくれたそうです。感謝です(>_<)

まだ低学年なので、遊びに夢中になると、後、横、前から車が来ていても周りなんて気にしてません。

この事を知らずにいたら、いつ事故が起こってもおかしくありませんでした。

今回の件で自転車に乗る時のルールを再度しっかりと子供と確認し合いました。

 

※交差点では信号機の確認

信号を守って車が止まっているか左右確認

※『止まれ』標識があるところでも必ず左右確認

※一時停止

※歩行者優先で歩道を走る

歩行者に近づかない、走らない

※左側通行

※スピード出さない

※車の近くに行かない、走らない

道路上の危険や交通ルールを良く理解して走ってもらいたいと思います。

子供が自転車事故の加害者になることも。

子供が自転車走行中に自分が怪我をする事もありますが、思わぬアクシデントで

人を怪我させてしまうケースも(>_<)

相手が歩行者の場合多くのケースで自転車が加害者側に。。

高額な損害賠償を求められる事も…

親が付いていない所で…と考えたら本当に怖ろしい…

 

『自転車に乗って遊びに行くのはダメ』と言うのは

可哀そうなのでまず、対策として保険会社に加入しようと検討中です。

皆様はお子様の自転車保険に加入されていますか(・・?

又、いい保険会社があれば又ご紹介させていただきますね。

親にできる事でまず子供を守っていこうと思います( `ー´)ノ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

株式会社 matrix 保田 郁美
〒634-0007
奈良県橿原市葛本町224番地の2
TEL:0744-48-5388
FAX:0744-48-5212
mail:matrix-r@outlook.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いた人
保田 郁美 ヤスダ イクミ
保田 郁美
事務を担当させて頂いてる保田です。お客様とのコミュニケーションをとるのが好きなので、持ち前の『元気』で、おもてなしさせて頂きますね。
arrow_upward