株式会社matrix
AM8:30~PM5:30
日曜日
2020年08月25日
不動産の豆知識

競売入札

こんなのが、競売入札に使用されるセットになります。普通は目にする機会がほとんど無いかもしれませんし、無いほうが良いのかもしれませんね!

家を住宅ローンで購入するって人が大半だと思います。私もそうです(^▽^;)

ちなみに、住宅ローンには金融機関を債権者とする抵当権が(土地建物両方の場合が多いです)設定されています。住宅ローンを3回以上滞納すると、金融機関から度々催告が、なされるという仕組みになっています。

度々催告がなされても、既に限界を迎えてる状況が、そこには必ずあります。「転職」「雇用止め」「解雇」「借金」「離婚」本当に人に相談したくても、それどころじゃない状況と戦っている方がほとんどです。ただ、金融機関は期限の利益を失います。期限の利益とは、いつから返済を開始して、何年で返済するのかと言う、分割での返済が認められていることです。つまり、住宅ローンを分割で返済する権利を失うということです。

要するに、金融機関からは、一括返済を迫られる事になってゆくのです。

保証会社による代位弁済

金融機関から一括返済を請求されたとしても、ほとんどの人は一括で返済することはできませんよね。私もそのうちの一人ですね(^▽^;)

そこで、金融機関である債権者は、保証会社から代位弁済を受けます。

※住宅ローンを組むときに、払った「保証料」覚えていますよね!あの会社です。

次は保証会社から一括弁済が請求されます。「あなたの代わりに全額返済したから、私に返してください。」という具合です。ただ、返済できる人はほとんどいません。そのため保証会社は「法的手続きに移ります。」という手紙を郵送してきます。

※「法的手続き」ときたら怖いですよね。内容は裁判所に競売申立てを行う事です。

保証会社の担当者から任意売却を勧められることもあります。任意売却については、次回のブログにてご紹介するとして、この「法的手続き」からいよいよ競売が始まります。

ここまできていたら、いやもっと早く、matrixの田中に相談してほしいのです。「早ければ早いほうが良いです」当社は、私1人が担当です。いわゆる1人社長です。秘密は親兄弟にも漏らしません。大きな不動産会社に相談してもいいのですが、経験上、課内の人には知れ渡ります。当然、悪意はありません。ただ経験不足から課内で相談しているだけのケースが大半です。でも事情のある当事者からしたら嫌ですよねー。

matrixの田中は、お客様にとって、最善の方法を一緒に考えさせて頂きます!選択次第で、超えられない困難は、ありません。どの方法がお客様にとって1番最善かを真剣に考えます。相談無料ですが、それよりも、良い方向に向かって頂くために頑張りますね!

この記事を書いた人
田中 謙介 タナカケンスケ
田中 謙介
私はこれまでの不動産取引において「正直さ」を武器に、業務を続けてまいりました。ご来店して下さったお客様に喜んで頂きたい。これは、きっと私の性分なんだと思います。不動産流通と言う仕事は、デパートや、ショッピングモールの様に、音響で商品を伝える事はできません。また、場所が動く事もありません。「静かで熱い」「ここにしかない」まさに世界で一つの買い物です。 私達、不動産業者が、不動産に込めた所有者様の想い、形を、購入される方へ正直に伝えることで売主様と買主様の意向に沿える事ができ、そして、取引の関係者皆様に喜んで頂ける様に最善を尽くすのが、不動産業に携わる者の責務です。日々、自問自答しながら、最高の物件に出会って頂ける事だけを考えています。
arrow_upward